ゴマちゃんフロンティア

アザラシが大好きな山梨県産SEの開発日記です

2018年に買ったもので「良かったもの」と「残念だったもの」を振り返ってみたお話

time 2018/12/24

というわけで、2018年も残り僅かになりましたね!
今回は今年の振り返りも兼ねて、2018年に購入した物やサービスで特に良かった/残念だったものと、その理由や体験談を紹介します。

「残念だったもの」はそこそこ辛辣に書いていますが、あくまでも私的な体験談なので参考程度にご覧ください。

良かったもの

電気シェーバー

モデルはパナソニックの「ES-ST6P」です。

どちらかというと肌は弱い人なので、ずっとT字カミソリで痛い思いをしながら剃ってきましたが、電気シェーバーを買ってからは一変、非常に快適にジョリジョリ剃れるようになりました。最早使い始めたらやめられない道具の代表格になっています。
でもやっぱり毎日ジョリジョリするのは面倒な上、私の場合は伸びてくる速度も早いため、将来的には永久脱毛を考えたいですね。

ドライブレコーダー

ユピテルの「DRY-ST5000c」です。ディーラー経由で購入して取り付けてもらいました。
https://www.yupiteru.co.jp/products/drive_recorder/dry-st5000c/

前方にしか付けていないので今流行りの「あおり運転」対策には不向きですが、事故った時の記録用としては問題ないでしょう。前方のみでも追突されれば何かしら画面がブレるはずなので、それでも良い証拠になるかと思います。

また、定期的に遠出した時の旅日記を書く際にも活躍します。私は運転手を務めることが多い関係上、走行中に起こった出来事や道の雰囲気を伝えるのが容易ではありませんでしたが、ドライブレコーダーならバッチリ撮ってくれます。
ドライブ好きの旅ブロガーさんには特におすすめ!

ホットアイマスク

USBタイプのホットアイマスクです。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07B7P78V9/

疲れ目とドライアイが深刻な私にとっては救世主で、購入当時は600円と破格のお値段だったのでコスパも素晴らしいです。
今も会社の休み時間、目のケアに重宝しています。

メガネのシャンプー除菌EX

裸眼での視力が0.02の私にとって、眼鏡は正に生命線です。
この眼鏡用シャンプーはシュっと吹き付けて水洗いするだけでレンズが綺麗になります。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B00D817TLG/

物としては地味ですが、眼鏡は毎日使用するものなので助かります。これも買ってから手放せない道具になりましたね。

残念だったもの

ルンバ

一時期話題になったお掃除ロボットで、購入したモデルは「890」です。母親へのプレゼントも兼ねているのでそこそこいいモデルを選択しました。

残念だった理由ですが、
・ソファー下の高さが足りず詰まりまくる
・ダイニングの椅子の下も幅が足りず詰まりまくる
・コンセントに刺さっている電源コードに突撃
・(前述の理由と合わせて) 椅子を片付けたりバーチャルウォールを設定したりと下準備が必要
・ホームベースの接触が悪く、いざ使おうとしたら充電できていないことがある

要は「楽するためのお掃除ロボットなのに逆に手間が掛かる 」ことにガッカリしました。
買って何日かの間は新鮮で面白かったのですが、毎日常用するには難があるという印象です。
「ルンバ買って楽したい!」という方は、自宅のレイアウトや広さを十分に考えてから購入を検討することをおすすめします。

なた豆(歯みがき粉)

なた豆を使用した歯磨き粉で、口臭を少しでもマシにできるなら…と勢いで試してみました。
結果としては全くと言っていいほど変わらなかったです。こういうのって個人差があるのが常だと思いますが、効果が出ない以上は「ただのお高い歯磨き粉」でしかありません。

ちなみに後日検索してみると、アホみたいな販促サイトがたくさんヒットしました。
酷いものではドメイン名が「安いTLD+日本語ドメイン」だったりします。ITリテラシーの低い人を釣るには良いのかもしれませんが、ちょっと分かる人が見たら印象を悪くするのは目に見えているかと。

ヤマダニューモバイル

正確には物ではなくサービスですね。
所謂「格安SIM」に変更したかった私は、「ヤマダのポイントが付くのであれば」という考えから、ヤマダニューモバイルに乗り換えました。
残念な方に入っている理由ですが、「乗り換えの時の対応があまりにも悪かったため」です。

・「即日受け渡し可能店舗」であるにも関わらず、SIM受け渡しは1週間後と言われる
・ヤマダHPの即日受け渡しについて書いてある部分を見せたところ、30分ほど待たされてからやっと即日受け渡し可能と言われる (この間ずっと立って待ちっぱなし)
・案内されてから書類の説明はほとんどなく、「勝手に読んで書け(意訳)」と丸投げ
・SIM挿入後の設定で何度も「確認しますので~」といって数分ほど待たされる
・それでも接続できないので聞いたところ「顧客サポートに自分で電話しろ」と店舗の電話から(!)自分で問い合わせることに
・最終的に接続できないことを「お客様の機種が~」と端末のせいにされる

結局はWi-Fiに繋いで「SIMステータスの更新」をすれば繋がったのですが、そのことについて指摘しても「分かりません」の一点ばりでした。ヤマダ電気のサポートは悪い噂ばかり聞きますが、自ら体験することになるとは思わなかったです。

一応、正常にSIMが認識してからは普通に使えていますが、そんなのは他のMVNOでも当たり前のことなので、やはりサポートが悪かったことが引っ掛かってしまいます。
ついでにヤマダポイントもほとんど増えません。乗り換えて半年ほど使っていますが、ポイント明細を確認しても1ヵ月あたり数ポイント入るかどうかのレベルなので、それ目当てで加入するとガッカリすることになります。

ということで、これから格安SIMに乗り換える方にはヤマダニューモバイルはおすすめできません。正直選ぶメリットがないです。
まだサービスを開始して日が浅いのか、ネット上で実体験に基づいた評価が見当たらなかったのが痛かったですね。

あとがき

そんなわけで、2018年に買って印象に残ったものを紹介してみました。
1人暮らしを始めたら無駄な出費は極力少なくしなければならないので、買ったものは良し悪しを振り返る癖を付けようと思います。

スポンサーリンク

down

コメントする



ツイッター



スポンサーリンク