ゴマちゃんフロンティア

気まぐれと勢いで作るUnityゲーム開発日記です。

【Twitter】ランパの台詞botを作成してみる その4

time 2017/04/29

というわけで、かなり長いこと放置していた「ランパ台詞bot」その4です。
今回で台詞収集や修正を区切りとし、以降は細かな修正のみとする予定です。

前回の記事はこちら

【Twitter】ランパの台詞botを作成してみる その3

「ランパのあつめもの」の補完

ステージ1~3まで普通にプレイし、前回逃した「あつめもの」画面の台詞を回収します。スタフィーシリーズはほぼ全ての会話シーンが飛ばせるので、やり直すのが容易で助かります。

・あつめもの_カケラ1つ目
このカケラを見ているといろいろなことが思い出せそう・・・もっとカケラをあつめなきゃ!!

・あつめもの_カケラ2つ目
きょだいイカのせなかにくっついてたカケラ・・・ぼうけんははじまったばかり・・・

・あつめもの_カケラ3つ目
ヤリイカーズのおかげで、3つ目のカケラを手に入れることができたよ

メニューが解禁されるのはステージ1-4からですが、そのままクリアしてしまうと2つ目の欠片が手に入ってしまいます。そのため、1つ目の欠片の台詞は一度マップ画面に戻って確認する必要がありました。
一応ランパから「メニューに追加されているから確認しろ」的な話はありますが、初見ではほぼ確実にそのままクリアしてしまうかと思われます。

ともかく、これで台詞は回収し終えた(はず)です!
最終的な台詞パターンは196種類になりました。ぎりぎり200種類行かないのが残念ですが、台詞の切り分けも適当なので、総数はアテにならないかもしれません。

3点リーダーの修正

台詞の至るところに3点リーダーが含まれていますが、現在は全角「・」を使用しているため、少し冗長です。
「…」は環境依存かと思っていたので避けていましたが、問題なさそうなので差し替えてみました。

素で行うのは面倒なので、サクラエディタあたりに台詞を貼り付けて置換します。
修正後はこんな感じ。

・・・どうしてこんなところに・・・それに何でたたかっていたんだ・・・
うう・・・思い出そうとするとアタマがイタイ・・・もしかして・・・ボクのきおく・・・

…どうしてこんなところに…それに何でたたかっていたんだ…
うう…思い出そうとするとアタマがイタイ…もしかして…ボクのきおく…

「・・・」で360文字とっていたようなので、「…」に変えて120文字となりました!
これだけでも結構スマートになった気がします。
今までは1ツイートあたりが長すぎたので、このくらいでちょうどよさそうです。

Twitterプロフィールの背景画像の作成

そういえば何も設定していなかったので、絵心のない自分がスタフィーとランパを描いてみます。
私的に印象に残ったのは、エンディングのじゃんけんで「スタフィーとランパでチョキを出す」シーンです。その表現方法が可愛らしかったので採用しました。

うーん・・・どちらも所々微妙です。というかランパの位置がズレすぎているので、最早「チョキ」ではありません。また、ランパの手袋的にチョキを出すことは不可能かと思われますが、そこは気にしないようにします!
1回フォローしちゃえばプロフィール画面なんて表示する人はなかなかいないと思うので、こんなものでいいでしょう。

ツイート時間の変更

現在は6時間ごとにツイートしていますが、ちょっとツイート数が多い気がするので12時間おきに変更します。
今後は0時と12時にツイートされます。

(おまけ)ランパの台詞を分析してみる

せっかく集めたランパの台詞、どんな言葉が多いかとか調べると面白そうです。
手動で分析・抽出するのは無謀なので、テキストマイニングを行ってくれるサービスを利用します。
http://textmining.userlocal.jp/

「名詞」「動詞」「形容詞」ごとに出現数上位を調べていただきました!
ツイートにおまけとして含めると面白そうですが、現状のロジックに入れるのは面倒だったので見送りました。ということで、その結果だけ紹介します。

名詞はやはり一人称の「ボク」が圧倒的ですね。次点で「スタフィー」「カケラ」「キョロスケ」と続きます。
スタフィーがカケラを倍近く突き放しているあたり、さすが主人公といったところでしょうか。逆にランパにとっては「カケラ>ハマグリ」ということかもしれません。ただ台詞上で相手の名前を言ったかどうかなので、自分から喋りまくるキョロスケとの会話で言っていないだけかもしれません。

動詞は「行く」と「できる」が多いです。
前者は「行こう!スタフィー!」みたいな流れが多く、後者は「スタフィーみたいに~できるといいなー」という会話が多いです。これだけスタフィー絡みの台詞があれば、カケラやキョロスケは分が悪いと言えるでしょう。

形容詞は「早い」がぶっちぎりです。「早くカケラを~」「早くランパ星に~」みたいな会話が目立ったので、その影響かと思われます。
それ以外は普通ですね。

あとがき

そんなわけで、ランパの台詞botの記事はこれでおしまいです!
「芯の強さを秘めた異星人の少年」(公式) の台詞は純粋な頑張り屋で、ちょっと天然っぽいところもある可愛らしいものでした。

皆様も好きなキャラクターや物事をbotにして見るのはいかがでしょうか。意外と勉強になったり、好きなものをいろいろな角度から考えることができたりします。
少なくとも自分はエンジニアとしても、ランパ好きとしても作っていて面白かったです。

もし新作が出て、ランパの台詞が増えたらまた追加します!

スポンサーリンク

down

コメントする



ツイッター