ゴマちゃんフロンティア

気まぐれと勢いで作るUnityゲーム開発日記です。

【ボウリング】ラウンドワンの初心者ボウリング教室にいってきました!

time 2016/07/16

【2017/04/23】
・記事の内容及びレイアウトを修正しました。

というわけで、マイボールを作って以来定期的にボウリングをやっているりべるんですが・・・。
作った当初こそアベレージ120とかだったものの、今は90いけるかどうかというレベルになってしまいました。特に球速のなさが致命的で、8km前後のへなへなボールではフックボールも何もありません。
ボウリング上達の本も買い、フォームを直そうとしたのですが、まあ上手くいかないものです。変に意識して普通に投げられなくなってしまったのも問題です。

DSC_0225

ここまで来ると自分ではどう直せば良いか分からないため、ラウンドワンの初心者教室に行くことにしました。
山梨県内では石和にしかないので、6月にキャンペーンボールを作ったのと同じラウンドワンになります。

申し込み~当日まで

ラウンドワン公式曰く「周1~3回、1回10人まで」とのことですが、山梨石和店のページをみても予定などが書いていません。電話してみると、「インストラクターとお客様の都合に合わせて決める」と言われました。要するに予約制ってことですね。

また、ラウンドワンには似たようなものとして「初心者フリー練習会」「健康ボウリング教室」などがあります。予約するとき非常に紛らわしいので注意が必要です。前者はティーチングなどが一切ない投球会、後者は高齢者向けの健康面の説明を含んだ教室らしいです。
前売りのチケットを買うと安くなるようですが、そもそも家から遠いため行くだけでも大変です。ガソリン代だけで数百円掛かってしまいそうなので見送ることに。

レッスン内容と言われたこと

予約が自分1人だったためか、インストラクターの方とマンツーマンでのレッスンでした。どうやら前にキャンペーンボールをドリルしてくれたのと同じ方だったようです。
いろいろとアドバイスを受けたり聞いたりしながら進めたので、実際の練習投球は10回ほどでした。目的は「正しいフォームとそれに近づけるための方法」を知り、練習する際のコツを掴むことです。以下、自分が指摘された部分や聞いたことを簡単に書いていきます。

右足の側面を基準に立ち位置を変える

ボール投球後にポケットに対して曲がりすぎた場合、床の木目数個分左右にずらして調整します。
狙う位置は変えず、右から2番目のスパット固定です。

脇を閉める

今までの自分の悪い癖その1。
リリースする際に脇が開いてしまっているため、コントロールがブレているようです。

20160716_01

上の画像はインストラクターの方に撮ってもらったものです。
確かに脇が開いてしまっており、そのまま右ガターに一直線です。かなり体に染み込んでいる悪い癖なので、きゅっと閉めて投げることよう気を付ける必要があります。

投げ終わった後に左足の側面を確認する

「投げ始めと投げ終わりで位置がずれている」ことがあります。
投球後の位置・ポーズを確認し、前へ移動できていることを確認する必要があります。

右足は左足へ重心を移動させると同時に左へ蹴る

今まで右足を蹴るどころかクロスすらさせていませんでした。左足へ重心を運ぶのと同時に右足を左側へ蹴ります。
頭とボールの垂直ラインを同一にするためにも重要なことらしいです。

左手は2歩目でやや下、3歩目~終わりまでまっすぐ左側に伸ばす

今までの自分は左手が空気同然でした。左手を伸ばすことで、右側から左側へ体重移動した際のバランスを保つらしいです。
また、意識しすぎて最初から左手を真横にピーンと伸ばしていたりしたので、タイミングにも気を付けます。

リリース後の右手は顎の前まで肘を曲げない

今までの自分の悪い癖その2
リリース後の右手のフォロースルーで、顎の前どころかそれ以前の段階で肘が曲がってしまっていました。頭の前あたりまで伸ばしたまま上げてから、耳のあたりで振り抜きつつ曲げるのが自然な形とのこと。
逆にこれを意識して投げると、真っ直ぐ綺麗なボールが投げられた・・・気がする。

リリース後の右手が左側へ捻ってしまっている

左側へ捻っているということは、「2番スパットへ真っ直ぐ投げれていない」ということになります。
右肩を基点として2番スパットまで一直線に振り抜く必要がありそうです。

20160716_02

改めて見るとなかなかいい捻りっぷりです (白目)
フックボールで回転を掛けようとするとよくなってしまう気がします。

球速について

冒頭で懸念店としてあげていた球速ですが、聞いてみると「球速意識するよりフォームとコントロールを意識しろ(要約)」とのことでした。しっかりしたフォームとコントロールで慣れていけば「それなりには」速くなるそうで。インストラクターの方曰く、アベレージ150くらい出せるようになってからでも遅くないそうです。
ということなので、自分のへっぽこボールもフォームと投げ方を意識すれば変わる・・・のかも。

感想

終わった後で振り返ると、「1時間の初心者向け教室」と考えれば十分かなーと思いました。やはり1投1投の良い点/悪い点を指摘・解説してくれることが大きく、どのように投げ方を修正すれば良いかが分かりやすかったです。自分のように「今のフォームをどう修正すれば良いか分からない」という人にはオススメできる内容です。

まとめ

そんなわけで、ラウンドワンの初心者ボウリング教室に行ってみました!
予約が必要な分面倒ですが、自分の直すべき点・気を付ける点も分かったので、そういった意味では十分目的を達成できたレッスンだったと言えます。

あとは正しいフォームと投げ方に近づけられるよう、ひたすら練習あるのみですね!
一度に複数のことをやるのは難しいですが、このフォームで自然と投げれるようになりたいです。

スポンサーリンク

down

コメントする



ツイッター